Punktum

« Ça-a-été »

« Ça-a-été »

« Ça-a-été »

写真の本質は、それがかつてそこにあった、ということだとロランバルトは言う。

私たちが使い古されたモノや長い時を経過した素材と対峙するとき、この言葉があらゆる思考の基底になる。


The essence of photography is that it was once there, Roland Barthes says. 

These words become the basis of all thoughts when we confront worn-out things and materials that have passed a long time.